2020-02-22 (土) 22:47:03  【照会総数】466715 (本日:82)

Ⅰ. はじめに

朝鮮語教育学会へようこそ!!

本会は,朝鮮語教育の発展に資する研究のために、1999年3月20日に朝鮮語教育研究会の名称で設立され、2014年7月1日に名称を朝鮮語教育学会(Japan Society of Korean Language Education, 略称:JaSKLE)と改めました(詳しい内容は「活動記録」をご覧ください)。
2015年10月30日付で、日本学術会議協力学術研究団体として登録されました。学会名鑑もご覧ください。

한국어판

お知らせ

  • 韓国語教育実情調査分科会」では全国の大学における韓国語教育の実情調査を行っています.詳細は分科会ページをご覧ください.(2019年12月20日)

Ⅱ.例会案内

第83回例会 2020年3月10日(火) 九州産業大学

例会ポスターはfileこちら

特別企画ワークショップ「教科書の使い方」

  • 時間:10:00~12:00(9:30受付開始)
  • 場所:1号館4階 N406A・B

詳細は決まり次第お知らせします.非会員の方も奮ってご参加ください.

シンポジウム・研究発表

  • 時間:13:00~18:00
  • 場所:1号館4階 S402
  • シンポジウム「日本における韓国語教育実情調査:中間報告」
  • 研究発表(発表の順序は変更になる場合があります)
    • 林炫情・李在鎬・淺尾仁彦・須賀井義教・斉藤信浩(山口県立大学・早稲田大学・国立研究開発法人情報通信研究機構・近畿大学・九州大学)
      韓国語リーダビリティを活用した韓国語文章難易度判別システム「kReadability」の開発
      한국어 리더빌리티(Readability)를 활용한 한국어 문장 난이도 판별 시스템 「kReadability」 개발
    • 金錦花(神戸学院大学他 非常勤講師)
      積極的な学びを促進する授業設計-朝鮮語でプレゼンテーションを試みる
      적극적인 학습을 촉진시키기 위한 수업 설계 -조선어로 프레젠테이션을 해 보다
    • 李銀淑・周宇鳳・岩居弘樹 (大阪女学院大学・エーシーズ英会話スクール・大阪大学)
      flipgridを活用した話す授業の事例
      flipgrid를 활용한 말하기 수업 사례
    • 崔チョンア(金沢大学非常勤講師兼客員研究員)
      韓国語の-아/어形接続と-서形接続の競合と共存について-日本語の中立形接続・テ形接続との対照研究の観点から-
      현대 한국어의 -아/어형 연결과 -서형 연결 경합과 공존에 관하여 -일본어의 중립형 연결・テ형 연결과의 대조 연구의 관점에서

【懇親会】18:30~20:30

当日会場にて参加希望を承ります.

第84回例会 2020年6月

関西(京都)にて開催する予定です.詳細が決まり次第お知らせします.

Ⅲ.事務局

 〒814-0180
 福岡市城南区七隈8-19-1 福岡大学人文学部東アジア地域言語学科
 松崎真日研究室気付 朝鮮語教育学会事務局
 E-mail; mail【アットマーク】jakle.sakura.ne.jp


添付ファイル: file第83回例会案内.pdf 39件 [詳細] file第6回 朝鮮語教育学会・朝鮮語研究会 合同大会.pdf 120件 [詳細] fileワークショップ案内.pdf 283件 [詳細] file第81回例会案内.pdf 434件 [詳細] fileワークショップ企画.pdf 398件 [詳細] file第80回例会案内.pdf 375件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-15 (土) 15:59:35 (7d)