2020-08-09 (日) 14:57:21  【照会総数】503210 (本日:314)

Ⅰ. はじめに

朝鮮語教育学会へようこそ!!

本会は,朝鮮語教育の発展に資する研究のために、1999年3月20日に朝鮮語教育研究会の名称で設立され、2014年7月1日に名称を朝鮮語教育学会(Japan Society of Korean Language Education, 略称:JaSKLE)と改めました(詳しい内容は「活動記録」をご覧ください)。
2015年10月30日付で、日本学術会議協力学術研究団体として登録されました。学会名鑑もご覧ください。

한국어판

お知らせ

  • 2020年6月14日に第84回例会(オンライン開催)が開催されました.多くのご参加ありがとうございました.初のオンライン開催ということもあり,84回例会の総括文を掲載いたしました.(2020年6月19日)
  • 2020年度総会のレジュメをアップロードしました.タイムテーブルをご参照ください.(2020年6月12日)
  • 本会の会誌『朝鮮語教育ー理論と実践ー』第16号の投稿申込みを受け付けています.こちらの申し込みフォームからお申し込みください.投稿の申し込み締め切りは2020年7月31日(金),原稿の提出締め切りは2020年9月30日(水)です.投稿に際しては,会誌案内もご参照ください.(2020年6月1日)
  • 2020年3月10日に予定されていた第83回例会は,新型コロナウイルス感染拡大の状況に鑑みて,中止とさせていただきます.(2020年2月26日)
  • 韓国語教育実情調査分科会」では全国の大学における韓国語教育の実情調査を行っています.詳細は分科会ページをご覧ください.(2019年12月20日)

オンラインで開催された第84回例会について

6月14日(日)に朝鮮語教育学会初、オンラインで開催された第84回例会は、6月例会としては異例の70人以上のご参加をいただき、無事終了いたしました。これも偏に参加者みなさまのご協力によるものと感謝いたします。

Zoom接続への不安から一部発表者には事前に発表内容のWeb掲載をお願いすると共に、URL配信等の必要から事前申込み制とし、さらにはセキュリティの面から「入室」許可制をとったことでご不便をおかけしたにも関わらず、快くご協力いただき、あらためて御礼申し上げます。その過程で、申込み期日を逃して参加を断念された方、名前の不一致から「入室」がスムーズにいかなかった方も一部いらっしゃったものと承知しておりますが、一方で、予めアップした発表に対する質問を事前に集約しておき質疑応答の効率化をはかるなど、オンラインならではの利点が生かされた会でもありました。今回の経験をベースに今後、広報をさらに拡充するとともに、運営方式にもいっそうの工夫を凝らしていきたいと考えております。

次回の9月例会もオンライン開催となることはすでに決定しております。さらなるご関心とご協力のほど、お願い申し上げます。

Ⅱ.例会案内

第85回例会 2020年9月27日(日)(オンライン開催)

84回例会に続き,第85回例会も,新型コロナウイルスに関わる状況に鑑みて,オンラインで開催することとなりました.開催の方法,時間については改めてお知らせいたします.

Ⅲ.事務局

 〒814-0180
 福岡市城南区七隈8-19-1 福岡大学人文学部東アジア地域言語学科
 松崎真日研究室気付 朝鮮語教育学会事務局
 E-mail; mail【アットマーク】jakle.sakura.ne.jp


添付ファイル: file2020年度朝鮮語教育学会総会レジュメ.doc 92件 [詳細] file第83回例会案内.pdf 170件 [詳細] file第6回 朝鮮語教育学会・朝鮮語研究会 合同大会.pdf 195件 [詳細] fileワークショップ案内.pdf 403件 [詳細] file第81回例会案内.pdf 559件 [詳細] fileワークショップ企画.pdf 473件 [詳細] file第80回例会案内.pdf 467件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-23 (火) 23:00:09 (46d)