2017-08-18 (金) 10:09:24  【2014年5月21日以降の照会総数】 261143  ( 本日:22 )
한국어판】  


Ⅰ.はじめに

本会は,朝鮮語教育の発展に資する研究のために,1999年3月20日に朝鮮語教育研究会の名称で設立され、2014年7月1日に名称を朝鮮語教育学会(Japan Society of Korean Language Education,略称:JaSKLE)と改めました。(詳しい内容は 「活動記録」 をご覧ください。)

2015年10月30日付で、日本学術会議協力学術研究団体として登録されました。
学会名鑑もご覧ください。
日本学術会議メール・ニュースは【こちら】(http://www.scj.go.jp/ja/other/news/index.html)をご覧ください

※現在の会員数は179名です。(2017/08/06)

Ⅱ.最新情報

※第75回例会の発表者3名が決まりました。(2017/8/05)
※第75回例会の発表者2名が決まりました。(2017/6/30)
※会誌案内を更新しました。(2017/6/23)
※第75回例会の発表者を募集中です。(2017/6/12)
前回の例会の内容はこちら
※第76回例会の日程と場所が決まりました。(2017/6/11)
※『朝鮮語教育』第13号の原稿募集を開始しました。(2017/6/01)

Ⅲ.例会

第75回例会 2017年9月17日(日) 早稲田大学 文学学術院(戸山キャンパス)

  〒162-8644 東京都新宿区戸山1-24-1 (地下鉄 東西線 早稲田駅 2番出口より徒歩5分、JR 高田馬場駅より徒歩20分)
  ※アクセスマップ  https://www.waseda.jp/top/access/toyama-campus


 【分科会】10:00-12:00    36号館 5階・6階

◎情報処理分科会 ワークショップ「21世紀世宗計画コーパスの検索について」 会場:36号館 5階582教室 
◎第二言語習得論分科会 <잘>と<よく>の対照分析から語彙教育を考える(報告者:丹羽裕美) 会場:36号館 6階681教室 
◎類似表現分科会 「韓国語成分副詞の語順教育について」(報告者:金世朗)「‘-롭다’ と‘-스럽다’について②」 会場:36号館 5階581教室


 【研究発表】13:30-18:00   36号館 6階 681教室

開会挨拶
世話人会報告
分科会報告

研究発表
◎発表者:睦 宗均(목 종균)
◎所属:近畿大学
◎タイトル:時間副詞 <갓(Gas)>のモダリティ   시간부사 <갓(Gas)>의 양태성
◎発表要旨:
 (1)a. 쌍둥이면 서로 닮기가 십상인데 갓 태어난 두 아이는 남녀 각각에 생긴 것도 각각이었다. (A-129)
   b.주티의 화장실에는 갓 스물의 젊은이가 두 사람 새로 배치되었다. (A-344)
 예문 (1)과 같은 한국어의 부사 <갓>은, 해당 사건이 발화시 직전에 일어났음을 나타내는 시간부사로 알려져 있는데,본 연구에서는 (1)과 같은 시간부사 〈갓〉이 가지는 양태성에 대해 명확하게 규명함을 그 목적으로 한다. 이와 같은 본 연구의 목적 실현을 위해, 본 연구에서는 고려대학교에서 제공하는 현대한국어 용례 검색기에서 추출한 용례를 중심으로 해당 언어 현상을 고찰해 갈 것이며, 이와 같은 고찰 결과를 바탕으로 <갓> 구분의 성립 조건도 함께 살펴보고자 한다.


◎発表者:中川正臣
◎所属:目白大学客員研究員
◎タイトル:「夢と目標を韓国語で語ろう」プロジェクトの実践研究   '꿈과 목표를 한국어로 이야기하자'프로젝트의 실천 연구
◎発表要旨:
 近年、韓国語教育における学習環境は多様化している。この多様化は従来の韓国語教育のように「日本語母語話者に対する韓国語教育」、「日本の大学における韓国語教育」といった教育をひと括りにした理論化、モデル化では対応できないことを意味している。筆者は、教育の多様化に対応するには、個々の教育現場とそこで行われる授業実践から立ち上がる理論にも目を向ける必要があると考える。実践からの理論化に目を向けた研究が実践研究である。本稿では、まず、実践研究を韓国語教育に取り入れることで教育研究において何が可能になるかを明らかにした上で、日本の大学で行われた、ある授業実践を批判的な視点で分析する。そこで浮き彫りになった学習成果を可視化し、授業実践のリソース化を目指す。


◎発表者:須賀井義教・小島大輝
◎所属:近畿大学・総合社会学部/文芸学部
◎タイトル:韓国語の授業におけるウェブサービスの活用事例【事例紹介・報告】   한국어 수업에서 이용할 수 있는 웹 서비스 소개
◎発表要旨:
 近年、語学学習に役立つウェブサービスやアプリケーションなどが多く開発されており、無料で利用できるものも多々ある。これらのサービスは授業外の自律的な学習に活用できるだけでなく、授業内で教室全体を巻き込んだ活動や、協同学習のためのツールとして用いることも可能である。本報告ではこうしたサービスのうち、Quizlet(https://quizlet.com/)とKahoot!(https://kahoot.it/)を取り上げ、実際に授業で活用する方法や実践例について紹介する。実践に参加してもらうため、スマートフォンやタブレットなど、ネット接続済みのデバイスを持参していただきたい。


 懇親会 18:30~ 大韓民国(新大久保の職安通り)懇親会費 4000円予定

事前申し込み必要。 8月30日までに金亨貞(lunar337@gmail.com)宛にお申込みください。

ページトップに戻る

第76回例会 2017年12月17日(日) 近畿大学

詳細未定
 ※発表をご希望の方は、発表案内をご覧ください。

ページトップに戻る

第77回例会 2017年3月 九州産業大学 詳細未定


 ※発表をご希望の方は、発表案内をご覧ください。

ページトップに戻る

Ⅳ.事務局

〒812-8581
福岡市東区箱崎 6-10-1 九州大学留学センター 朝鮮語教育学会事務局(斉藤信浩研究室気付)
E-mail: mail@jakle.sakura.ne.jp


ページトップに戻る

Ⅴ.大学等教師研修会

 日本で,韓国・朝鮮語の教育に関係しているか,または,関心のある人々を対象とした教授法の講習会です。
 朝鮮語教育学会の会員が講義の一部を担当してきました。

過去の研修会


第1回京都研修 2004年8月02日(月)~07日(土) 京都リサーチパーク
第2回京都研修 2005年8月09日(火)~14日(日) キャンパスプラザ京都
第3回京都研修 2006年8月08日(火)~13日(金) キャンパスプラザ京都
第4回教師研修 2007年8月06日(月)~11日(土) 工学院大学新宿キャンパス
第5回教師研修 2008年8月11日(月)~16日(土) 大阪国際交流センター
第6回教師研修 2009年8月06日(月)~11日(土) 九州産業大学
第7回教師研修 2010年8月09日(月)~14日(土) 名古屋国際センター
第8回教師研修 2011年8月20日(土)~25日(木) 北星学園大学
第9回教師研修 2012年8月15日(水)~19日(日) 新潟県立大学
第10回教師研修 2013年8月14日(木)~18日(日) 東北文化学園大学

ページトップに戻る


添付ファイル: file要旨一覧.pdf 443件 [詳細] file第67回例会案内訂正版.pdf 432件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-17 (木) 08:29:22 (1d)