例会1 ⇒例会2 ⇒例会3 ⇒例会4 ⇒例会5 ⇒例会6 ⇒例会8
例会9 ⇒例会10

活動記録(2011年・2012年)


第49回例会 2011年03月27日(日)

◎時刻:13時~17時
◎会員総会

◎話題提供1:松崎真日 「現代朝鮮語テキストにおける指示詞の使い分けについて」
朝鮮語の書き言葉における指示詞の使い分けについて考えたい。
従来、朝鮮語の指示詞の使い分けについては話し言葉中心に研究が進められてきた。
しかし、書き言葉では‘?’が使用されないことをはじめ、指示対象が基本的に先行
文脈に存在すること、指示対象との物理的距離や心的距離では説明できない部分が多
いこと等、先行研究では説明できない部分が多い。朝鮮語の書き言葉における指示詞
の使い分けについて、新聞の社説を例に考えてみたい。

◎話題提供2:内山政春 「朝鮮語のいわゆる「ていねいさをあらわす-요」について」
朝鮮語の標題の形式について,野間秀樹氏は論文
「現代朝鮮語の丁寧化のマーカー”-yo/-iyo”について」(『朝鮮学報』199・200,2006年)
などにおいて,次の2つの点,すなわち

・子音で終わる名詞などのあとでは「-iyo」と書くべき
・ここで言う-yoとヘヨ体の-yoは別のもの

を主張し,現在,日本国内ではこれらがいわば「定説」となっている観がある.
本発表では,同氏の論文を具体的に検討することにより,上の2つの主張に疑問を
呈したいと考える.

◎会場:同志社大学寒梅館(地下A会議室)
午前中の分科会は6A会議室(スクリーンあり),2A会議室,2B会議室,2C会議室

⇒例会案内に戻る(例会#reikaitop

第50回例会 2011年06月12日(日)

◎時刻:13時~17時
◎会計報告

◎話題提供1:須賀井義教(近畿大学 総合社会学部)
 「MeCab(めかぶ)を用いた現代韓国語の形態素解析」
 現代韓国語の形態素解析については,国立国語院の開発した「知能型形態素解析器」などがよく知られているが,これらのプログラムでは利用者が結果の出力などを設定することができないなど,いくつかの問題点があると考えられる.本発表でこうした問題を解消するため,フリーウェアの形態素解析エンジンであるMeCab(めかぶ)を利用した形態素解析の方法を提案する.MeCabは様々なプログラミング言語から利用することができ,ウェブページからも利用することが可能である.本発表では,形態素解析のための辞書構築,韓国語教育への応用などについて検討する.

◎話題提供2:金倫嬉(大阪大学言語文化研究科 後期博士課程)
 「韓国語の前置き表現について―後続する発話内容を中心に―」
 韓国語会話における前置き表現にどのようなものがあるのかを明らかにするとともに、後続する発話内容、例えば、依頼や断りを表明する際などに使用される前置き表現の特徴を考察した。その結果、韓国語会話では、日本語の「すみませんが」「失礼ですが」のような定型化表現よりも多様な前置き表現が使用されていることが明らかになった。これらの結果を踏まえて、韓国語教材づくり、韓国語教育への応用などについて検討したい。

◎会場:京都女子大学J校舎 224教室
 (京都市東山区渋谷通り東大路東入る3丁目上馬町544)
午前中の分科会は201、202、301、302教室、501会議室
◎会場の住所や地図などは下記のサイトをご覧ください。
 アクセス; http://www.kyoto-wu.ac.jp/access/index.html
 ● J校舎は大学正門(プリンセスライン<京都駅八条口発>の終点)から少し離れています。
 以下の地図をご参照ください。
   http://www.kyoto-wu.ac.jp/student/campus/map/index.html 
 J校舎周辺には駐車場・駐輪場の設備がありません。できるだけ公共の交通をご利用ください。
⇒ページの最初に戻る(例会7#top
⇒例会案内に戻る(例会#reikaitop

第51回例会 2011年09月10日(土)

◎時刻:13時~17時

◎話題提供1:ロバート・ファウザー (ソウル大学 国語教育科)
 「韓国語の社会言語能力の育成~オーラルアプローチの理論と教授法を再読~」
 1940-60年代、外国語教育において主流となったオーラルアプローチの理論は、
目標言語の言語文化を深く理解し、高度な社会言語能力を育成するという目標を持つ
ものであった。現在の外国語教育理論において斯様な議論は完全に下火になっている
が、本発表では、Charles C. FriesやRobert Ladoのオーラルアプローチに関する
重要な文献を社会言語能力の育成の観点から「再読」し、現在韓国語教育への適応性
を検討する。

◎話題提供2:話題提供2:金鍾德 (東京外大朝鮮語専攻)
 「한국어 교육을 위한 디지털 부교재의 종류 및 작성법」
 같은 레벨이면서도 실제로 학생들 사이에는 어느 정도 한국어 구사 혹은 이해 능력의 격차가 있는 교실 현장에서 효과적이고 효율적으로 한국어 수업을 진행시켜 나가기 위해 필요한 디지털 부교재들에 대한 소개 및 그것들을 어떻게 실제 수업에서 사용해 왔는가에 대한 소개를 하고 또 그러한 디지털 부교재들을 작성하기 위한 방법을 세세히 발표하고자 합니다.

  1. 디지털 부교재의 정의 : 컴퓨터를 이용하여 수업에 활용할 수 있는 부교재
  2. 디지털 부교재의 종류 및 실제 수업 활용의 예 소개
    1. 디지털 부교재의 종류 : 그림 형식, 소리 형식, 동영상 형식
    2. 실제 수업의 예
      1. 동경외대 1학년부터 4학년 학생들의 수업
      2. 문화센터 초급, 중급 수업
      3. 게이오대 외국어학교 상급, 세미나 클라스 수업
    3. 디지털 부교재를 활용한 수업의 내용
      1. 분절음의 발음 및 발음 규칙 설명
      2. 단어 제시 및 확장, 문법 설명
      3. 듣고 이해하기 연습
      4. 문장을 들으면서 인토네이션 곡선 보기
  3. 디지털 부교재의 특성 및 장점
  4. 제안 : 디지털 부교재 뱅크
  5. 디지털 부교재의 작성법 : 그림 형식, 소리 형식, 동영상 형식 부교재의 작성법
    1. 그림 캡처하기
    2. 교재의 CD에 있는 소리를 잘라서 듣고 이해하기 스크립트에 붙이기
    3. 동영상에서 소리 캡처하기

◎会場:
  例会 愛媛大学法文学部本館8階大会議室
午前中の分科会は以下の通りです。
  類似表現分科会  法文学部講義棟演習室3(2F) 15名収容可
  第二言語習得論分科会・文化論分科会  法文学部講義棟302(3F) 60名収容可
  情報処理分科会  法文学部講義棟演習室303(3F) 60名収容可
◎会員でない方も,例会担当の中西恭子(nakanisk@kyoto-wu.ac.jp)または金亨貞(lunar337@gmail.com)までご連絡の上,ご参加ください(参加費無料)
◎会場の住所や地図などは下記のサイトをご覧ください。
会場へのアクセス:http://www.ehime-u.ac.jp/access/johoku/index.html

会場近辺の宿泊所は、次のようなところがあります。ご参考まで。
・ホテル泰平 http://www.hoteltaihei.co.jp/  ※会場に最も近い
・全日空ホテル http://www.anahotelmatsuyama.com/  ※会場まで徒歩15分程度
・東横イン http://www.toyoko-inn.com/hotel/00064/  ※会場まで徒歩15分程度
・東急イン http://www.matsuyama-i.tokyuhotels.co.jp/ja/  ※会場まで徒歩15分程度
・友輪荘 http://www.yurinso.jp/  ※会場に近く、温泉の引き湯あり。しかし、門限あり。

⇒ページの最初に戻る(例会7#top
⇒例会案内に戻る(例会#reikaitop

第52回例会 2011年12月03日(土)

◎時刻:13時~17時

◎話題提供1:イ・スンジェ(李承宰)先生(国立国語院・言語情報チーム長)
 題目:21世紀世宗計画コーパスの活用(検索ツール「ハンマル」を中心に)
 内 容:韓国国立国語院より講師を招聘し,2010年12月に作成された「21世紀世宗計画 最終成果物 修正版」について,コーパスや
  同梱のツールを利用して教育や研究にどのように活かすことができるのか,といった内容で実際に利用方法を説明,レクチャーを行う.
  *補足*
  須賀井義教が代表となっている科研費プロジェクトによる招聘.国語院から配布されている検索ツール「ハンマル」など,
  さまざまな利用法を中心にレクチャーしていただく予定.事前に会員の皆様から質問など受け付けておきたい.

◎話題提供2:
 話題提供者:中西恭子(京都女子大学)
 題目:現代韓国語の「因果関係」表現について ― Ⅲ-서, Ⅱ-니까, Ⅰ-기 때문에を中心に―
 内容:母語話者100人を対象としたアンケートに基づき、Ⅲ-서, Ⅱ-니까, Ⅰ-기 때문에の統辞論的・意味論的な異同を明らかにする。
  特に、これまであまり注目されてこなかったⅢ-서とⅠ-기 때문에の統辞論的な違いと、日本語「~したので」とⅢ-ㅆ으니까の関係に
  ついて、発表者なりの見解を述べたいと思う。

◎会場:同志社大学寒梅館(地下A会議室)

⇒ページの最初に戻る(例会7#top
⇒例会案内に戻る(例会#reikaitop

第53回例会 2012年03月31日(土)

◎時刻:13時~17時

◎会員総会

◎話題提供1:印省熙(神田外語大学)
 題目:韓国語学習者における接続形の誤用について‐学習者の作文例から‐
 内容:韓国語学習者の作文において誤用の多い「해서/하니까/하고/하면서」
について、学習者の作文から集めた誤用例664例を基に、どういう誤用の
パターンが多いかを数値的に示し、学習者にとって間違いやすいこれらの
四形式の誤用内容を相互比較、検証し、今後の教育の指針にしたい。

◎話題提供2:長谷川由起子(九州産業大学)
 テーマ:CEFRと日本における韓国語教育
 概要:CEFR(言語学習/教育/評価のためのヨーロッパ共通枠)は近年、日本の
外国語教育界にさまざまな影響を及ぼしており、高等学校の韓国朝鮮語の「学習
のめやす」にその考え方が反映されているが、韓国語教育界ではまだあまり知ら
れていないようである。本発表はCEFRの概要と関連する動きを紹介し、韓国語の
学習/教育/評価に広く活かせる可能性と意義について会員諸氏と議論したい。

◎会場:キャンパスプラザ京都 第4講義室

第54回例会 2012年06月17日(日)

◎時刻:13時~17時
◎話題提供1:須賀井義教(近畿大学)

 テーマ:自動形態素解析を利用した韓国語読解補助ツールの開発

形態素解析の技術を利用して,韓国語学習者に有益な情報を提供する
ウェブベースの読解補助ツールについて紹介する.約60000項目の解
析用辞書を用いて,利用者が入力した韓国語を解析し,形態素情報の
表示,漢字表記への変換,学習レベルの表示など,いくつかの機能を
持つ読解補助ツールを作成中である.補助ツールを利用することで,
学習者の自律的な学習を促す効果が考えられる.本発表ではこのツール
の概要を紹介するとともに,よりよいツール作成のために必要な機能,
情報の表示方法についてなど,会員諸氏と議論できればと考える.

◎話題提供2:中野敦(公益財団法人国際文化フォーラム)

 テーマ:グローバル社会における韓国語教育への取組み
    ~『外国語学習のめやす2012』の紹介を中心に~

本財団が今年3月に発表した『外国語学習のめやす2012』における
外国語教育についての提言を紹介するとともに、その研究開発と
あわせて実施してきた「高等学校韓国語中国語教師研修」の内容と
成果、駐日韓国文化院世宗学堂での実践について紹介する。

◎会場:キャンパスプラザ京都 第1講義室

⇒ページの最初に戻る(例会7#top
⇒例会案内に戻る(例会#reikaitop

第55回例会=第3回朝鮮語教育研究会・朝鮮語研究会合同研究大会

  • 日時:2012年9月8日(土) 10時~(9時30分受付開始)
  • 場所:東京大学駒場キャンパス
    • 全体会:18号館ホール
    • 分科会:
      • 18号館4階コラボレーションルーム1
      • 18号館4階コラボレーションルーム3
      • 18号館1階メディアラボ2
  • スケジュール:
    9:30受付開始
    10:00全体会(18号館ホール)
    10:00~10:10開会挨拶生越直樹氏(東京大学)
    10:10~11:00発表①金京子氏(大谷女子大)・芦田麻樹子氏(同志社大他)
    「연결어미 ‘면서’의 ‘동시’ 용법에 대해」
    11:10~12:00発表②南潤珍氏(東京外国語大学)
    「한국어 교재 분석을 통해 본 일본어 화자를 위한 한국어 문법교육의 현황」
    12:00~13:30昼食
    13:30~15:40分科会発音分科会(18号館4階コラボレーションルーム1)
    ①韓国語の単母音をどう捉えるか
    ②分節音と韻律の関係について
    語彙文法分科会(18号館4階コラボレーションルーム3)
    ①初級における用言の活用の習得をめぐる問題点
    ②初級における習得語彙の問題点
    中級授業実践分科会(18号館1階メディアラボ2)
    ①歌詞を教材とした授業実践の試み
    ②速読を中心にした総合的授業の試み
    16:00~17:00分科会報告と全体討論(18号館ホール)
    17:30~懇親会

  • 主催 朝鮮語研究会・朝鮮語教育研究会

⇒ページの最初に戻る(例会7#top
⇒例会案内に戻る(例会#reikaitop

第56回例会 2012年12月22日(土) 同志社大学今出川キャンパス

  • 日時:2012年12月22日(土)
  • 場所:同志社大学今出川キャンパス
  • 分科会: 10時~ 扶桑館F103~106
  • 全体会: 13時~ 明徳館M1
    ◎話題提供1:呉大煥(島根県立大学)
      「1920년대 이후 기독교 선교사를 위한 조선어/한국어교육의 역사」
     본 연구는 1920년대 이후의 기독교 선교사를 위한 한국어/조선어교육에 관한 문헌고찰과 사적 고찰을 통해 근대적 한국어교육의 형성과정을 밝히는 것을 목적으로 한다.
     본 연구는 1959년 연세대학교 한국어학당의 설립과 더불어 시작된 근대적 한국어교육의 전사(前史)로 ‘근대적 한국어교육’의 형성과정이 있었음을 전제하여, 그 전제 하에서 ‘기독교 선교사를 위한 The Language School’의 존재사실을 밝히고, 교육목적, 교육방법, 교육과정 등 언어교육학적 입장에서의 고찰을 하겠다.
     Korean Mission Field (이후 ‘미션’이라 칭함)와 Annual Meeting of the Federal Council Protestant Evangelical Missions (개신교 선교부 공의회 회의록, 이후 ‘회의록’으로 칭함)의 기록을 통해 알게 된 ‘The Language School’의 실체를 정리하고, 1926년 간행되어 오랜 시간 주요교재로 쓰였던 Korean for Beginners의 내용을 통해, 당시의 언어교수법 및 교육과정에 대한 논의를 하도록 하겠다.
     마지막으로는 최근의 자료조사를 통해 알게 된 1950년대의 ‘Korean Language School’이라는 교육기관, 즉 해방 후의 선교사를 위한 한국어교육기관의 역사를 간략히 언급하며 이 기관과 연세대학교 한국어학당과의 연관성에 관해 보고하도록 하겠다.

    ◎話題提供2:西納春雄(同志社大学)
      「多読教材を利用した英語教育の実践報告と初修外国語への応用可能性」
     講演者は2006年度より英語科目に多読学習を導入する試みを行っている。本発表ではこれまでの実践に基づいて、多読活動を様々な形で授業に取り入れる方法とその効果について紹介したい。
     通常教室で多読活動を主たる学習活動とする場合にはグループワークとプレゼンテーションの要素を入れ、CALL教室を利用できる場合には大学間のネットワークで多読体験の交換を試みた。これまでの実践では、どの習熟度においても、ほぼ全ての学習者において多読活動によって総合的な英語力や受容語彙力での伸長が見られた。
     初修外国語における多読活動の導入は、英語の場合とは次元の異なる困難が伴うと思われるが、参考にしていただければ幸いである。

    ★例会終了後,酔心にて懇親会兼忘年会を行った。
    ⇒ページの最初に戻る(例会7#top
    ⇒例会案内に戻る(例会#reikaitop

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-07 (火) 21:08:38 (190d)