例会1 ⇒例会2 ⇒例会3 ⇒例会4 ⇒例会5 ⇒例会6 ⇒例会7
例会8 ⇒例会9 ⇒例会10 ⇒例会11

活動記録(2021年)


第86回例会 2021年3月22日

第86回例会も,新型コロナウイルスに関わる状況に鑑みて,オンラインで開催いたしました.

  • 日時:2021年3月22日(月)10時から
  • 開催方式:オンライン(ver.5.0以上のZoomをご用意ください)
  • 申し込み:こちらの申し込みフォームから申し込んでください 申込みは終了しました
    • 学会HPからもアクセスできます
    • 申込み締め切り(3月19日23時59分まで)後はご参加いただけませんので,ご注意ください
  • スケジュール
    • 午前:シンポジウム「コロナ時代の韓国語教育-現況と課題-」(10:00-12:30)
    1. 金ハンセム(김한샘)先生 / 韓国・延世大学校
      人工知能技術と韓国語教育の融合(인공지능 기술과 한국어 교육의 융합)
    2. 朴炳善(박병선)先生 / 台湾・国立政治大学
      台湾の韓国語教材の発展とオンライン教材の開発(대만의 한국어 교재 발전과 온라인 교재 개발)
    3. 金情浩先生 / 京都女子大学
      日本国内のコロナの状況と韓国語教育に対する提案(일본 국내의 코로나 상황과 한국어 교육에 대한 작은 제안)
    • 午後:研究発表(14:00-17:30)
    1. 金庚芬・趙英恩先生 / 明星大学(14:05-14:45)
      韓国語教育におけるオンライン学習という新しい学びの可能性
      한국어 교육에서의 온라인 학습이라는 새로운 배움의 가능성

      〈要旨〉本発表は、大学での韓国語教育におけるオンライン授業の実践と、学習者の意識調査の結果から、オンラインを活用した学習という新たな学びの可能性を探ることを目的とする。
      まず、明星大学での韓国語教育の現状をまとめた上で、2020年度に行った、Zoomと明星LMSによるオンライン授業の実践を報告する。また、学期末に行った学生の意識や達成度に関するアンケート調査から、①Zoom授業の成果と課題、②明星LMSでの学習コンテンツや小テスト、課題などの成果についての分析結果を示す。とりわけ、予習用動画ファイルなどのコンテンツを自由に活用できることや、Zoomのブレイクアウトルームでの学生同士の練習は学習に効果的であることが分かり、これらのツールは、従来の対面授業を補い、併用できる新しい学習方法の一つとして位置付けられることが分かった。一方、解決すべき課題としては、学生の学びへの不安や通信環境による学習への不公平さ、過重な課題などの声があった。
      이 발표는 대학에서의 한국어 교육의 온라인 수업 실천과 학습자 의식 조사 결과를 바탕으로 온라인을 활용한 학습이라는 새로운 배움의 가능성을 찾는 것을 목적으로 한다.

    2. 姜英淑先生 / 島根県立大学(14:45-15:25):fileご発表資料
      日韓のオンライン交流授業による韓国語教育-島根県立大学初級科目における試み-
      일한 온라인 교류 수업을 통한 한국어 교육-시마네 현립대학 초급 과목의 사례-

      〈要旨〉島根県立大学では、GPE (GLOBAL PARTNERS IN EDUCATION)システムによるオンライン英語教育を実施しており、韓国語教育においても2017年からオンライン交流による授業を試みてきた。本発表は、2020年度秋学期に試みた、オンライン交流による韓国語教育の実践報告を目的とする。
      日本語を専攻としている韓国の学生と教養科目として韓国語を学んでいる本学の学生、計37名が、バーチャル空間で3つの話題について、それぞれの目標言語を使い交流授業を行なった。
      このオンライン交流授業を通して、韓国語の表現力や発音能力を身につけると同時に、異文化コミュニケーション能力を高め、韓国語学習のモチベーションを保持することが期待できる。
      新型コロナの影響により、留学や研修の道が閉ざされている中で、ICT利用の教育を見直し、多角的な授業方法の可能性を提示する。

    3. 髙木丈也先生 / 慶応義塾大学(15:25-16:05):fileご発表資料
      NIS諸国における韓国語教育の現状
      NIS 국가들의 한국어 교육 현황

      〈要旨〉本発表では、日本や韓国では多く知られていないNIS諸国における韓国語教育の現状について、報告者が2019年秋以降、現地で行ってきた調査結果をもとに報告する。具体的にはカザフスタン、ウズベキスタン、ロシア(沿海州地域)の中・高等教育機関、韓国系教育機関、高麗人系教育機関、ハングル学校(プライベートスクール)で実施した学校見学、インタビュー調査、参与観察の結果をもとに、当地域における韓国語教育の特徴、近年の動向と課題、国家・地域間連携のあり方について考察する。
      また、部分的にではあるが、現地の高麗人ネットワークと韓国語教育における接点についても分析を試みる。
      発表においては画像や動画を多く提示し、現地のイメージを掴みやすいよう工夫したい。

      【休憩】
    4. 石黒みのり先生 / 東京学芸大学博士課程(16:15-16:55)
      高等学校におけるコリア語教育の現状-学習動機・目的の調査分析から-
      고등학교의 코리아어교육 상황-학습동기, 목적의 설문조사 분석을 중심으로-

      〈要旨〉4次韓流ブームの勢いもあり、コリア語学習者が増加している。と同時に、学習者層にも変化が見られる。筆者は東京都を中心としたいくつかの高等学校でコリア語を教えていることから、ここ最近、高校生学習者の増加を実感している。
      本発表では、筆者の勤務校の生徒たちが高等学校の第二言語科目としてコリア語の授業を受講する以前にどのような学習歴があり、また受講の際にどのような学習目標や動機を持って授業に参加しているのかを、学期初めに実施したアンケート調査から分析し考察を試みる。学習目標やコリア語科目受講者のアンケート調査の結果をもとに、日本の高等学校におけるコリア語教育の現状と改善すべき課題について究明する。
      さらに、今後の高等学校におけるコリア語教育の向上のための教材開発に向けての方向性を、現在高等学校で使用されている教材の分析をもとに提示する。

    5. 任炫樹先生 / 帝塚山学院大学(16:55-17:35)
      ドラマ『グッド・ドクター』(韓日版)から見る俗語の役割と特徴
      -日本語と韓国語の相違点を中心に-
      드라마 굿닥터(한일판)에 나타나는 속어의 역할과 특징 -한국어와 일본어의 차이점을 중심으로

      〈要旨〉本発表では、テレビドラマの対人コミュニケーション場面に見られる打ち解けた言語表現の中で「俗語」を取り上げ、それらに日韓の差は見られるか、もし見られるとすればどのような差があり、それらがどのような役割を果たしているのかについて考える。考察の対象とした作品は、原作が韓国語版である『굿닥터(グッド・ドクター)』(2013)1話~20話(約1000分)と、その日本語版である『グッド・ドクター』(2018)1話~10話(約500分)である。作品を選定するにあたっては、ウチ・ソト・ヨソという3軸を立てていることから、仕事現場が舞台となっている作品を選んだ。2作品を分析した結果、1)俗語は相手を罵る効果と親近感を与える効果とで2分類できる。2)使用された俗語の量は、日本語より韓国語のほうが多い。3)韓国語の場合は、男女を問わず俗語をよく用いる。4)両言語の間でその差が一番顕著だったカテゴリーは、ソトである。 上記の結果を韓国語教育にどのように反映させればいいか、聴衆の皆さんと考えてみたい。

[2021/03/22] 盛況のうちに終了しました.ご参加くださった皆様,ありがとうございました.

第87回例会 2021年6月20日

第87回例会も,新型コロナウイルスに関わる状況に鑑みて,オンラインで開催いたします.

  • 日時:2021年6月20日(日)10時30分~16時頃(午後の部は13時30分~)*総会が終わり次第、発表に入ります
  • 開催方式:オンライン(zoom)
  • 会員総会(&ref(): File not found: "2021年度朝鮮語教育学会総会レジュメ.docx" at page "例会12";)
  • 研究発表
    • 林炫情(山口県立大学)
      「Demonstration評価方法を用いた韓国語授業のデザイン」
      「Demonstration평가방법을 이용한 한국어수업 디자인」
      <発表要旨>
      Demonstration評価とは、学習者自身が自分はどのような学習あるいは経験をし、どのような成果と能力があるのかを自己証明し、教員がそれを評価する方法である。本発表では、Demonstration評価方法を用いた韓国語授業のデザインとそれに対する達成度を自己証明するために制作された「우리가 소개하는 YPU(私たちが紹介するYPU)」について紹介する。

    • 須賀井義教(近畿大学),丁仁京(福岡大学),他7名:韓国語教育実情調査分科会
      「2020年度韓国語教育実情調査結果報告(速報)」
      「2020년도 한국어 교육 현황 조사 결과 보고 (속보)」
      <発表要旨>
      2019年度から2020年度にかけて、韓国国際交流財団との共同で、日本の学校にお ける韓国語教育の実態を明らかにする調査事業を行った。これについて、2020年 6月例会ではパイロット調査(2019年実施)分について結果を発表したが、今回 は、2020年度に実施した本調査の結果を速報的に報告する。 2019年調査は本分科会メンバーが個人的に依頼可能だった大学100校と高校45校 を対象としていたが、2020年ではこの調査の設問項目開発、調査の実施過程、得 られた回答、そして添えられた回答者の意見等を踏まえ、日本の学校における韓 国語教育の全体像を把握するため、調査サイトを新たに開発し、すべての大学、 短期大学、専門学校、高等専門学校、高等学校を対象とした全数調査を行った。 調査対象は2020年度に韓国語が教えられていることが確認された873校であり、 得られた回答は226件であった。本発表ではその回答結果を定量的に分析し報告する。

    • 趙恵真(札幌国際大学)
      「한국어교육능력검정시험의 발음 영역 문항 검토 및 제언 ―일본어교육능력검정시험과의 비교를 통하여―」
      「韓国語教育能力検定試験における発音の問題の検討及び提言 ―日本語教育能力検定試験との比較を通じて―」
      <発表要旨>
      본 발표는 한국어교육능력검정시험의 발음 영역의 문항을 검토하고 일본어교육능력검정시험의 발음 영역과 비교하여 한국어교육능력검정시험에서는 다루지 않는 유형의 문제를 제시하는 것을 목적으로 삼는다. 한국어교육능력검정시험의 제1회부터 최근 15회에 걸쳐 출제된 발음 영역의 문항을 추출하였는데, 평가 영역으로 한국어음성음운론, 한국어발음교육론에 관련된 문제가 출제되었다. 한국어 교육에서의 발음 교육은 이론적인 내용이 대부분이고 실제 교육 현장에서 학습자의 발음에서 오류를 발견하고, 이를 교정하는 능력을 기를 수 있는 내용이 부족하다. 한국어교육능력검정시험의 문항에서도 이론적인 지식을 평가하는 내용이 주를 이룬다. 이에 일본어교육능력검정시험과의 비교를 통하여 한국어교육능력검정시험에서는 다루지 않는 유형의 문제를 샘플 문제로 제시하여 향후 한국어교육능력검정시험의 발음 영역의 문항에 대한 새로운 방향을 제시하도록 하겠다.

    • 小島大輝(近畿大学)
      「普段の授業を画面上でやってみて―韓国語オンライン授業でできたこと―」
      「평소 교실에서 하던 수업을 화면상에서 해 보고―한국어 온라인 수업에서 가능한 활동 몇 가지―」
      <発表要旨>
      本発表は,発表者の本務校で行った同時双方向型のオンライン授業のうち,共通教養科目とゼミ形式の科目を除いた韓国語科目についての実践報告である.2020年度は多くの授業が年間を通してオンライン形式で実施されたが,韓国語科目も例外ではなく,発表者も大学の方針に従ってZoomを用いたリアルタイムでの授業を行った.受講生には,同僚が作成した文法解説動画をYou Tubeで事前に試聴し,練習問題も解いた上で参加することを求めたため,結果的にコロナ以前の授業時よりアクティビティに使える時間が増した.そのような中で時間を有効に使いつつ,授業自体は普段の対面授業での活動を画面上で行うことを基本としたのだが,実際にどのような活動が支障なく行えたのか,2019年度以前の対面授業時と比較しながら紹介する.また,2020年度は定期試験が実施されなかったため,成績評価は授業毎の課題と定期試験の代わりに行う期末課題の結果が評価の基準となった.その課題の事例も併せて報告したい.

ページトップに戻る


添付ファイル: file86_takagi.pdf 54件 [詳細] file86_kang.pdf 56件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-06-25 (金) 16:36:51