☆☆朝鮮語教育研究会・会報☆☆


 朝鮮語教育研究会では,会報 『朝鮮語教育-理論と実践-』 を発行しています。
投稿規定および既刊号の目次は以下の通りです。

投稿規定

  1. 投稿者は本研究会会員に限り,投稿内容は会則に定める本研究会の目的に沿うものとする。

  2. 投稿文は次の5種に分けられる。
    1. 論文(審査あり):朝鮮語(韓国語)教育に関わる実証的で独創的な研究成果を内容とする未発表のもの。
    2. 実践報告:ユニークな教え方や教室活動,教育実験,教材開発など広く会員に紹介し共有する価値のある実践的な内容。
    3. 研究ノート:調査研究成果の速報、研究動向・展望の紹介や報告、新しい研究手法の提案など。
    4. 書評:朝鮮語(韓国語)教育に関わる文献の批評・紹介。
    5. 活動報告:発行目標日(4参照)の前年度(3・6・9・12月)における例会の「話題提供」の内容の抄録と、各分科会の活動報告。
      (話題提供した内容を論文または実践報告として投稿する場合も、原則として別途、抄録を投稿のこと)
      ※申し込み・投稿の際は上記の種別を明記すること。

  3. 上記各投稿文は,以下の要領に従い,日本語もしくは韓国語の横書きで作成すること。なお,審査委員による審査の後,掲載が決定したものは,審査意見を反映するとともに,別に定める詳細な<原稿作成要領>に従って修正を加え,最終的には完全版下として使用可能な形で提出すること。
    1. できるだけMicrosoft Wordを使用し,B5版に上下左右とも余白を25mmずつとり,10.5pointのMS明朝体で,1ページの行数32,1行の文字数35を目安に作成する。Microsoft Word以外のワープロソフトで作成の場合も,おおむねこれに準ずること。
    2. 上記の書式に従い,①論文は30ページ以内,②実践報告は20ページ以内,③研究ノートは10ページ程度,④書評は2ページ以内,⑤は各話題提供者ごとに4ページ以内,分科会活動報告は分科会ごとに1ページ程度の分量を目安とする。
    3. ①~⑤の各投稿文の冒頭にはヘッダー用スペースとして9ポイントで2行分を空けておくこと。

  4. 申し込みおよび原稿締め切り等は、上記の種類別に以下のとおりとし、原稿提出完了の1ヶ月後(3月末ごろ)をめどに発行するものとする。
    1. ①論文:投稿申し込み締め切りを11月末とし,原稿提出締め切りを12月末とする。論文審査の後,翌年1月末までに審査結果が通知され,審査意見および<原稿作成要領>に従って修正の後,最終版下原稿を2月末までに提出すること。
    2. ②実践報告・③研究ノート・④書評:原稿締め切りを1月末までとする。簡単な掲載可否判定の後,2月末までに<原稿作成要領>に従って修正,最終版下原稿を提出すること。
    3. ⑤活動報告:各報告内容の担当者は1月末までに原稿を提出し、2月末までに<原稿作成要領>に従って修正,最終版下原稿を提出すること。

第1号目次 (2006年3月31日発行)

第2号目次 (2007年3月31日発行)

第3号目次 (2008年3月31日発行)

第4号目次 (2009年3月31日発行)

第5号目次 (2010年3月31日発行)


添付ファイル: filejournal4_errata.doc 1795件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-07-31 (土) 11:42:00